オリジナルバッヂは比較的安価に作製できて、サイズが小ぶりなので様々な用途に使いやすいというメリットがあります。作製してくれる専門業者がいるので、そこに頼めば高品質なものが作れます。自分用に作ればバッグや帽子などにつけてさりげなくお洒落ができますし、企業のノベルティグッズとして使えば安く宣伝することができます。ここでは、どんな利用法があるのかと楽しみ方について紹介します。個人用としても法人用としても使うことができますし、デザインによっては子どもでも身につけることができるのもメリットです。対象年齢が幅広いので、うまく活用すれば企業にとっては売り上げアップにもつながります。つける方も自分だけの個性的なつけ方を知ることで、より楽しく活用できるようになります。

企業のプロモーション目的に使う

人気ブランドの企業のオリジナルバッヂであれば、誰もが欲しくなります。特にそのブランドを信仰している人にとっては、つけて歩くことで自分のステータスを高めることができます。企業が配って顧客につけてもらうことで、わざわざ高い宣伝費を出さなくても自然に宣伝をすることができます。今ではネット広告を出すのが当たり前の時代になっていますが、上位にランキングされていないと見てもらえないこともあります。これに対して、つけて歩いてもらうだけで街中に宣伝してもらえるので宣伝効果は高いです。つける人の数が増えるほど、注目されるようになります。するとそのブランドの価値が上がり、売りたい商品やサービスの値打ちが上がります。これが結果的に企業の売り上げを伸ばす戦略になります。

既製品にはない魅力を持っている

オリジナルバッヂは、どこにでも売っている既製品とは違い同じものを入手するのは難しいです。その特別感が自分らしさを表現することにつながり、お洒落の楽しみが広がります。ブランドのものをシンプルなバッグにつけて、さりげなくオリジナリティーを演出してもいいですし、リュックにたくさんつけてジャラジャラ感を出して豪華に飾るのもありです。自分で撮った写真をデザインしてもらうこともできるので、思い出の一枚を印刷して記念に残すこともできます。学校であれば、クラスの思い出の写真をデザインしてもらって全員に配れば良い思い出になります。企業のイベントなどで一体感を出すために全員に同じものを配ってつけてもらったりと、様々な使い方が考えられます。既製品にはない魅力を持っているのがメリットです。