オリジナルのバッヂのおすすめ利用法は、おしゃれに利用するということです。自分の洋服につければアクセサリー代わりにもなりますし、オリジナルのものであれば普段見かけることのないデザインということで華やかに見えることもあるでしょう。また、トップスにつければブローチのように見せることもできますし、ズボンなどにつければカジュアルに見せることもできるでしょう。あまりたくさんつけてしまうとバッヂからジャラジャラとした音が出てしまうので注意が必要ですが、人と違ったおしゃれを楽しみたいような時には良いでしょう。また、いくつかのバッヂが必要ならカラーを合わせてみても良いですし、大きさをあえてバラバラにしてみてアンバランスな感じを楽しむようにしてみても効果的です。

カバンなどの持ち物につけて個性的に

通勤や通学にリュックなどの布製のカバンを持ち歩くような人もいますが、地味なものや柄のないシンプルなものであれば他の人とかぶってしまうようなこともあるものです。ですからこうしたものもオリジナルのものを取り付けることで魅力のあるものにしてみても良いでしょう。皮製のものであれば取り付けることで素材そのものを傷つけてしまうようなこともあるものですが、布製のものであれば簡単に取り付けることもできるものです。また、クリップなどで取り付けるタイプのものにすれば針でカバンに穴をあけるようなこともなくて良いでしょう。自分だけのデザインのものであれば絵柄やデザインだけでなく素材や形なども選ぶことができて良いものです。また、帽子などにつければ目立たせることもできて最適です。

持ち物の目印にしてわかりやすくする

子供の服や持ち物だとあちこちに散乱させたり放置されたりすることも多いので、持ち物に名前が書かれていないようなものだと後でどれが自分の子供のものかわからなくなってしまうようなこともあるでしょう。ですから目印として利用していくのも良いです。ですが、誤って子供が飲み込んでしまわないように大きさには注意するようなことも必要です。また、尖った針だと刺さる危険もあるのであまりにも尖ったものは避けるようにもしましょう。そして目印として使うのであれば蛍光色のものを選ぶようにもすると良いです。夜でも光ることによって安全ですし、例え落としたとしても自分の手元に戻ってくる可能性が高いものです。子供の持ち物の目印として使っていくというのも便利な使い方に入るでしょう。